つらつら日記(ブログ版)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流行論

流行ってのは、不思議だよね。
みんなそれぞれの考え方があるのに、時代によって一定の共通した考えを持つ。
逆に言うと、流行によって時代が作られている、とも考えられるよね。

「100匹目のサル」という話、知ってる?

1950年頃、瀬戸内海の幸島という小島で、ニホンザルによるイモ洗い行動が確認され、数日でそれが群れに「流行」した。
数年後、その行動を知るはずがない、はるか離れた本島のサルの群れでもイモ洗い行動が観測された、っていう話。

意識と言うのはある一定以上に共通化されると、伝播するのではないか、という仮説に引き合いにされる話だ。一種のテレパシーというか。

個々の意識がどれだけ全体で共通しているか。それは世界中の国の文化によっても結構差があると思う。
フランスなんて個々の意識がバラバラで、いろんな考え方があるようだ。アメリカも、個人主義って言われるくらいに個々の意識が独立している。

その中にあって、我が日本はどうかというと、これが非常に全体主義っていうか、みんなしてやたらめったら共通した意識があり、つまりは流行に乗りやすい人種というか国民性というか。
ライアル・ワトソンに言わせれば、テレパシーどころか洗脳だろう。

戦争するって言えばみんな熱くなって戦争戦争って言うし、その戦争で負けてアメリカに平和主義になれって言われれば平和平和うるせえし、はたまたアプレ・ゲールやら学生運動やら、みんなおんなじ事してる。
かくいう俺様も、まぁ流行に乗っかったりしてるわけで、昔の写真を見ると、前髪を仲村トオル風にして、ターコイズのアクセサリとトニー・ラマのウエスタンブーツ履いて「くっつきピース」してたりしちゃって、もー見てらんない。

やっぱり日本人は全体主義だねぇ。

最近は若い奴みんなして、ホンダフリーウェイとかの大型スクーターでマフラー改造してボボボボうるせぇ音出してるのを見たりすると、ああ、君たち、バカなサルだねぇ、って思うわけだね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kramertoppo.blog13.fc2.com/tb.php/155-ba79f8b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。